Skip to content

よく取り上げられる話

未成年者の女の子による援助交際が問題視されていますが、その中でもよく取り上げられる話の一つが、援助交際を行っている女の子の低年齢化についてです。
驚くべきケースですが、最近逮捕されたケースでは、なんと小学生の女の子が援助交際をしていた、という話もあります。
まさか小学生を性の対象として見るなんて、と思う人もいるでしょう。
ですが最近の小学生というのは発育がよく、高学年であればすでに生理が来ているという子もほとんどです。
実際に裸になると、多少未成熟ではあっても、ボディラインも大人の女性のそれに近く、すでに大人の女性として十分にHができる女の子もたくさんいます。
ロリコン傾向のある男性にとってはそれこそ、お金を出してでもHしてみたい、と思うような存在なのです。
学校でも最近は保健体育等で性の知識を教えていますし、テレビや雑誌、ネットなどさまざまなメディアからも、セックスについての知識を得ることができますから、小学生でもセックスについての知識と興味のある子は多いのです。
もちろん、それが子供がやってはいけないこと、ということも理解してはいるでしょう。
しかし、それが犯罪という認識ではなく、親にバレたら叱られる、という程度の認識です。
ですから、マセた女の子にとっては、大人になったつもりでHをして、普段のお小遣いでは絶対にもらえないような金額のお金がもらえる、というのは願ってもない話なのかもしれません。
普段未成年者と援助交際をしている男性であっても、自分に娘がいて、その子が援助交際に走ってしまうとなれば、そんな状況にはとても喜べないものですね。
さすがに子供にはそんなことをしてほしくない。
しかし、子供は親を見て育つもの。
また、周囲の友達の影響も大きく受けますから、子供をとりまく家庭や友人関係が、その人格の形成に大きな影響を与えます。
ですから、自分の子がそうした援助交際に走ってしまったり、興味を持ってしまったようなら、やはりそういう下地を作ってしまった周囲の環境や人間関係に問題があると言わざるを得ないでしょう。

Copyright (c) 2014 出会いの数だけの幸せ All Rights Reserved.